6月01日(金)
アームカバー、初めてお店に並べた。パッケージもちゃんと考えられてお
り、違和感なく、しかも存在感も残しつつ、大変綺麗に並んだ。¥216
0だから、あまりこじんまりしても、かといって仰々しくなっても気恥ず
かしい。つまるところ安っぽくなく、適度に高級感のあるパッケージなの
でした。さてさてひと夏分を用意。一体どんな反応かじっくり観察しよう。

6月02日(土)
アームカバー、メーカーさんの話を聞いても、あらゆる場所で市場調査を
しても、結局のところ自分では使わないから体感出来ず、頭で考え抜くし
か無い。つまるところ、お客様の意見を聞き、経験値を増やしていくしか
ない。早々にふたつ売れた。ひと方は値段について、もうひと方は使い方
について教えて下さった。晩夏は靴下が初登場。こちらも同様に経験値0。

6月03日(日)
新聞作り。「新聞作り」なんて云うと小学生高学年時代の『学級新聞』を思
い出すけれど、そういうものってまだ作られているんだろうか?名称はす
っかり忘れてしまったけれど、手でインクをのせて刷る機械を使って、手
が汚れたっけ。でも、あの匂いと藁半紙の手触りは覚えている。そんなノ
スタルジーが『小さなカード屋さん新聞』の始まり。いつのまにか70号!

6月04日(月)
今年は超定番型ハットを強化した。「誰にでも合う、何にでも合う、絶対必
要」白いTシャツ、ジーンズ、スニーカーのような永久定番アイテム。折
り畳め、¥4000以下、コンセプトをはっきりさせて展開。けれど「他
所に売っている、何処にでもある」と思い躊躇し、数は控えめにした。数
が全く足りなかった。ふらりと入店された方が、ふらりと買われていった。

6月05日(火)
徹夜で本棚の整理。減らしに減らし、段ボール箱に詰めたら軽く10箱を
超えてしまい驚愕。ふるいにかけ残った、それ以上の冊数が並ぶ本棚を再
度見直し「これ、本当にいるんだろうか?」不安が募った。結局何度も読
み直す本って、50冊あるかどうか。年を取ったら読み返そうと思い相当
数とってあるのだけれど、どうやら目が悪くなるから読めなくなるらしい。

6月06日(水)
テンションが上がりまくりなので、そのままアトリエの片付けに取りかか
った。丸二日掃除に費やせると思うと、次何時出来るか分からないという
若干の恐怖心も合い混ざり、捨てるスピードも加速されていく。物を買う
のも楽しいけれど、物を捨てるのもこれまた快感の部類に入るのでした。
「捨てる為に買い続けてきたんだろうか?買い続けているのだろうか?」

6月07日(木)
更にテンションが上がったから、出勤し、レジを目にした瞬間、片付けを
始めるのでした。何事も勢いって大切。波に乗ったならば、その波が続く
限り乗り続けないとならない。落っこちちゃ、絶対駄目。だって、もうこ
の波は決して来ないから。そんな次第でレジがすっきり。最愛の掃除道具
クイックルワイパー専用置き場も出来、嬉しいったらこの上ない。幸せ!

6月08日(金)
サンダル&帽子、それからアームカバー。やはり今必要な物が売れていく
(スーパーで例えるならば冬場鍋シーズンの白菜&ネギ、春菊みたいなも
の)。サンダルは5年前〜、帽子は2年前〜、それからアームカバーは今夏
から取り扱い始めた。そういえば今年はストールを入れ忘れてしまった。
夏場4種の神器かも。クリスマス同様、夏場も更にしっかりしていこう。

6月09日(土)
レジがすっきりしてもの寂しくなったから、日傘を広げディスプレイ。日
傘が二本も広げられた!なんて、びっくり。今秋、ネセセアからビーズ刺
繍のカーディガンが2着届く。アンティークのトルソーでも買ってレジ内
にディスプレイしようかな、ふとそんなことを思った。何かひとつ変える
と、それにつられて他の何かも必ず変わる。変える、変わるって面白い。

6月10日(日)
梅雨シーズン到来!ということで今年は長傘を強化販売。しかもほとんど
他店さんで見掛けない、柄入り限定。「こんなの見たこと無い」皆さん異口
同音にそうおっしゃっていたけれど、売りながら僕自身もつくづく不思議
に思うのでした。「この傘って一体全体どこで売っているのだろうか?」ネ
コ柄は想像がついたけれど、この店の空間にバラ柄が合うのにはビックリ。


home / shop / note / mail