03月01日(日)
本日はブレス&ネックレスコーナー清掃。試しに時間を計ってみれば、ち
ょうど1時間半かかった(清掃だけに集中しテキパキこなせば、おそらく
30分で終わるはず)。いつものよう、前後ずらし、上下入れ替え、来月以
降入荷予定の新商品の為、場所を空けたりなどをした。それだけで、自分
的にとても新鮮な感覚を覚えるのでした。窓際って場所も気に入っている。

03月02日(月)
以前洋服を買われたリピートのお客様がチラホラ。大抵の場合「こないだ
買った〇〇が良かったわ、何か新しいものないかしらと思って」等とおし
ゃる。一度着用され、サイズが合うのであれば、新商品を紹介し易い。洋
服の型紙なんて考えたこともなかった。また購入された服をお召しになり、
再来店される場合もちらほら。これ、見て聞いて正に僕の血肉になる情報。

03月03日(火)
この時期にしかもこんな事態で、2020秋冬展示会第一弾なのでした。
はっきり言って、マフラーやストールや羽織るものなんて劇的に変えよう
がないけれど、毎冬毎冬新鮮に感じられるものが続々出てくることが本当
に不思議。そしてそれを楽しめるってのが、とても貴重であることを身を
以て知っていくのでした。今年は更にアプローチを変えてみる。秋冬発車!

03月04日(水)
卒業式やら講演の部類が軒並みキャンセルになっているからだろうか?ど
うやら生花の値崩れが起こっているらしい。いつものスーパーの軒先にチ
ューリップの切り花が大量に並んでいた。見れば驚くような値段。思わず
5本組パックを10個抱え込んでしまった。だってチューリップって葉を
整理するとカサが減るんだものねえ。部屋に飾り、経済活動について思考。

03月05日(木)
キャミソールが届く。「何となくここかな?」と思い、スペースに余裕のあ
る売場に突っ込んでみた。いいような、わるいような、下着を並べるのこ
と自体が初めてだから、分かるような、分からないような、いまいちピン
トがずれている。唐突にキャミソールが売場に並んでいる感じ。カットソ
ーの横に並べるのも場違いな感じ。商品の関連付けが全くされていない。

03月06日(金)
何の意図も無かったけれど、気がついたら赤〜黒と綺麗な色のグラデーシ
ョン、色と柄で選べる、まるでパレットの用なワンピースコーナーに仕上
がっていた。その中で一番先頭に並んだ、赤色が今日売れた。すると何だ
か一気に寂しい売場になってしまった(と、僕は思う)。赤が減ったらすぐ
に補充出来るよう、各色キープした方がいいかもしれないなあ。色&柄!

03月07日(土)
店外に並べたペーパーナプキン専用回転什器。毎朝毎夕日に二度出し入れ
をする為か、半年に一度くらいキャスターが外れてしまう。その度商品を
全部どけ、什器共々掃除し、引っ繰り返しキャスターをつけ直す。その際
取れなかったキャスターもしっかり金具を締め直すのでした。今回は取れ
なかったもう一台も同様に対応した。次回はおそらく1年後になりそう。

03月08日(日)
「あ、下着コーナー!」と思い立ち、思い立つとどうしてもやらずには気
が済まない性格の為、朝一売場を作り直した。何か良い感じ。靴下とキャ
ミソールを一緒に並べれば、商品構成が広がり、ぐっと見栄えがする。こ
こに来月レギンスを追加、晩夏にはレース無しキャミソールも並ぶ。キャ
ミソールが喜ばれるようならば、色&サイズ(S/MとM/L)も増やそう。

03月09日(月)
クリスマスコーナーの掃除。掃除の度、ディスプレイを少しづつ変え続け
ているから、ぎゅっと締まった売場になっていく気がする。この売場も1
年後、2年後のイメージが明確なため、そこに向けひたすら邁進中。とて
も時間がかかることだけれど、ひとつひとつ重ねていくしかない。「新しく
作る」ってことよりも「今あるものを変える」って事の方が遥かに大変。

03月10日(火)
新商品が毎日続々入荷。そして淡々と品出しを進める。今回は初挑戦のア
イテムをまとめて1コーナー分。最近はほぼ洋服&服飾雑貨のみだったか
ら、雑貨っぽいものを入れてみた。何だか新鮮に感じられる。『ペットボト
ルカバー』『ミニポシェット』『パッカブル・リュック』どれも¥2000
前後の品。全て撥水加工済み、ミニミニ折畳み傘の横に並べて輝きを増す。

03月11日(水)
この夏に着ようと思い、Tシャツを二枚買った。家に持ち帰り、封を開け
てみると中から紺色が出て来てビックリ。白を買ったはずなのに。パッケ
ージを見直せば、ちゃんと文字で「DENIM」と明記されていた。その横に
白色で描かれたイラストは、中に入った商品の色味ではなく、型を表して
いるのでした。大失敗!買い物で初めて失敗してしまった。ぼけてきた?

03月12日(木)
秋冬商品発注第二弾。全体的に更に無難なデザイン&色味になった中から、
変わった形/ちょっと見掛けない色味/今まで選んでこなかった素材、僕
自身が面白いと思えるアイテムを厳選。冬物はかさ張るから、いつも所狭
し、要するにギューギュー詰めで並んでしまう。今冬は若干すっきりさせ、
見せ方を少し変えようと考えている。アイテム×アイテムで更なる提案!

03月13日(金)
神戸のアクセサリーメーカーから商品が届く。色々なメーカーさんをチェ
ックしているけれど、大振りなモノ&ちょっと変わったモノ&他所で見掛
けないもの、これ並べたいな!と思えるアイテムは1割もあれば良い方。
8割は定番品、2割を攻たアイテムで構成している感じ。その2割のうち、
半分が僕の本命。本当に攻めた感じ!のデザイン。それを数社分集める。

03月14日(土)
「この騒動でお見舞いに行けなくなっちゃったの。だからポストカードを
出そうと思って」まとめ買いのお客様が、会計時そんなことをおっしゃっ
た。マスクゴムがメーカー品切れで、最後に残ったレースゴム(そんなも
のがある事を今回初めて知った)を1人3メートル限定販売してる、って
ボタン屋さんもおっしゃっていたっけ。世の中、本当に知らない事ばかり。

03月15日(日)
理由は明白。洋服を取り扱うようになり、ストールやネックレスの良さが
余計に引き立つようになった。お客様曰く、商品の使い方を更にイメージ
し易くなったとのこと。服飾雑貨品がメイン、洋服がオマケ。つまるとこ
ろ洋服屋さんは真逆になっている。けれど、メインではなくサブの方が喜
ばれつつあるのも、これまた事実なのでした。そのズレ感がいいのかも。

03月16日(月)
「無地のペーパーは無いんですか?」時々聞かれ続けている。「年末入れて
みようかな〜」店外の回転什器を回しながら、ふと思い立った。無地だっ
たら他所で買って貰えばいい、なんて考えてきたけれど、無地って売って
ないんだよなあ、特にこの品質では。洋服も無地を隣に並べるから色柄が
目立つ。それと一緒かも。とりあえず、パールホワイト、金&銀あたりか。

03月17日(火)
「無地のアームカバー、しかも長いやつって全然売ってないのよ。大野さ
ん探してよ」「このレッグウォーマー素敵じゃない。お揃いのアームカバー
もあればいいのに」昨冬何度かそんなことを言われた。ドンピシャアイテ
ムを本日大崎の展示会にて発見。しかも¥3000と値ごろ感もある。ひ
と冬中売り続けられるよう、多目に注文を出してみようと思う。初挑戦。

 

03月18日(水)
ピラティスのレッスン、本日初挑戦という84歳のおじいちゃまが隣にい
らした。81歳までテニスをなさっていたらしく、背筋もまっすぐ、見た
目もとても綺麗なのでした。お会いしたことはないけれど、ヨガ教室の最
高齢の方は85歳だか何歳だとか。単純にリラクゼーション気分で始めた
だけなのだけれど、一生楽しんで続けられることであることを再確認した。

03月19日(木)
先週発注した秋冬アイテムの幾つかがドロップ(全注文を集計した結果、
生産ロットが足りず、商品化出来ないこと)になってしまい、仕切り直し。
一昨年から気になって仕方がなかったアイテム、昨年も諦め、今年はつい
に1枚だけ発注を出した。そんな次第で、思いきって色違い3枚に増やし
てみた。こういう機会でもないと、こんな発注は出来ない。良かったかも。

03月20日(金)
スカートが好評な為、ペチパンツなるものを今季セレクト。“そのまま一枚
でも、ワンピースの下に履いても自由自在”という商品案内に「ああ、一年
中使える訳ね、いいかも」と。「裏地も付いて透けないし、何よりも大柄花
レースってのが最高」商品到着後そんなことを考えていた。「あ、これ後ろ
にポケットもついているんですね」購入下さったお客様が教えてくれた。

03月21日(土)
「柄、糸、織に特徴があって、値段が¥4000前後のタイツ&ストッキ
ングを探してる」友人のランジェリースタイリストさんに、メーカーを5
社紹介してもらった。何かいい反応があるといいのだけれど。ところで新
機軸が出来て、只今それに夢中なのでした。『消耗品コーナー』靴下をメイ
ンに、キャミソール&ストッキングと広げて行く。さ、1年かけて作ろう。

03月22日(日)
毎回不思議に思うのだけれど。会計時、レジ脇のディスプレイをご覧にな
り「あら、これ良いわね。着られるかしら?(サイズ合うかしら?)じゃ
あ、これも」洋服のついで買い。こちらとしては“色違い”“柄違い”を聞かれ
る前提の提案としてディスプレイしているのに、その商品自体を指名買い
される。男には全く無い感覚。全くもって、そのズレ感が本当に興味深い。


home / shop / note / mail